QLOOKアクセス解析

筆界の彼方

二世土地家屋調査士(筆記試験合格)、行政書士受験生、宅建士受験生

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 [ --/--/-- --:-- ]  スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

合格証書授与式

本日、山形地方法務局で平成27年土地家屋調査士試験の合格証書授与式が行われました。

20151224213810346.jpeg←山形地方合同庁舎

20151224213833c87.jpeg←山形地方合同庁舎

10分前には授与式開催予定の会議室で待機しましたが、まだ誰も到着しておりませんでした。

20151224213901e4f.jpeg←授与式会場


授与式は山形地方法務局長から直接手渡しによって一人一人行われ、その後最近建て直しがあった県の土地家屋調査士会館にて入会手続き等についてガイダンスが実施されました。

201512250114126d6.jpeg←県の土地家屋調査士会館

ガイダンスで会長のお話の中に、県では『行政書士+土地家屋調査士』や『農業+土地家屋調査士』などのプラスαをしている調査士さんが多数いらっしゃるとのことで、本日は独立への気持ちが強まると共に他の資格取得に対する危機感のような感情も抱きました。

都心部などの不動産の流通が良い地域では土地家屋調査士としての仕事も多いですが、地方では都心部ほど不動産の流通が良くない上に、雪の降る時期は【土地の測量】が大変難しくなるのでそれだけ仕事も少なくなります。

そういった時の主軸となる『業務』を確保すること、つまりは土地家屋調査士プラスαを考える必要性をとても感じました。


①『司法書士+土地家屋調査士』・・・・不動産登記の【権利部】と【表題部】の登記がノンストップで行える為、依頼者としてはとても有り難く重宝されると思います。また社会的地位も高いですので、是非ともチャレンジしたい資格の一つです。

②『行政書士+土地家屋調査士』・・・・農地転用や開発許可申請は土地家屋調士業と連携する部分が多いので、相性がいいと言えます。

③『宅建+土地家屋調査士』・・・・この場合だと人を雇えるのであれば、自分で土地を動かし調査士業に繋げる事が出来そうですが、単独でするには無理がありそうです。

④『副業+土地家屋調査士』・・・・自分の得意とする副業があれば、個人事業主になるので時間の融通は効き易いので調査士報酬の他に収入を上乗せ出来そうです。




もちろん上記以外にも色々なプラスαがあり、様々な分野でご活躍されている諸先輩も沢山いらっしゃいます。
そのような多岐にわたりご活躍されている方々は業務や法令に精通するように常に新しい知識や情報を取入れていることと思います。

ご活躍されている諸先輩方の仲間入りを果すには並大抵の努力では到底及ばないと思いますが、私の特色を活かして行けるようなプラスαを取入れ地域の【NO1】ではなく【オンリー1】を目指す為、まず入り口として私個人を地域の皆様に周知して頂く事、更に他士業に比べ認知度の低い土地家屋調査士とはどんな職業で、皆様のどんなお役に立てるのかということを地道に発信していけたらと考えております。

独立する事は(独立した後も)大変ですが、それだけやりがいがあることですので精一杯努力して行きますので、皆様どうぞ宜しくお願い致します。



   もし宜しければ
  ↓↓応援のポチ↓↓をお願いします。
  ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

山形地方法務局から連絡が入りました

先週の金曜日、私の携帯に見慣れない番号から通知がありました。

恐る恐る通話ボタンを押してみると
『山形地方法務局です。○○様でいらっしゃいますか?』
『土地家屋調査士試験の合格おめでとうございます。』


山形地方法務局から電話が入りました

内容は下記の事項です。
 ①本年土地家屋調査士試験に合格した県内の方を集めて合格証書授与式があること
 ②例年山形地方法務局で授与式を行っており、山形地方法務局まで来てほしいこと
 ③授与式終了後、山形県土地家屋調査士会にて入会手続きの説明等のガイダンスがあること
 ④他の合格者との日程調整もある為、日時が決まり次第再度連絡をしますとのこと

この連絡を受け改めて土地家屋調査士になるんだなと実感が沸きました。

他の合格者が何人いるか質問してみたところ山形県では3人合格者がいるそうです。

これが多いのか少ないのかは分かりませんが仙台で受験した合格者が21名なので、東北6県と考えれば平均的人数のように感じます。

12月21日の週に授与式があるそうなので、同期がどんな方なのかお会いするのが今から楽しみです。


にほんブログ村 士業ブログ 土地家屋調査士へ
にほんブログ村



にほんブログ村 士業ブログ 土地家屋調査士へ
にほんブログ村
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村
にほんブログ村 士業ブログへ
にほんブログ村

去年のこの頃

土地家屋調査士試験の結果通知を受け約1ヶ月。
受験生の方は来年の試験対策を練り始めた方が多いのではないでしょうか。

私も昨年のこの時期に東京法経学院早稲田法科専門学院LEC日建学院の講座の内1つを受けようと考え、検索を開始しました。

これまで何校かで講座(下記受講歴参照)を受講しましたが、今回は講義内容や答練の開始日、特に費用を比較し、一昨年に受講した早稲田法科専門学院で学費割引対象に該当していたこともあり、通信(下記受講歴⑤)で受講する事に決めました。

通信教材や以前使っていた書籍の中から使用教材を厳選し、やり込んだ結果何とか合格をつかむ事が出来ましたが、
今回は土地家屋調査士試験合格まで使用した様々な書籍の中で、私にマッチしていたと感じた書籍を紹介します。



[受講歴]
①東京法経学院(通学)・・・2009年
②U-CAN(通信)・・・2012年
③早稲田法科専門学院(通学:3ヶ月講座、答練)・・・2013年
④早稲田法科専門学院(通学:答練)・・・2014年
⑤早稲田法科専門学院(通信:調査士パーフェクト合格講座)・・2015年
※その中でも①と②は受講しただけで満足し、まともに勉強をしませんでしたが・・・(大反省)



上記①と②については不真面目な受験生時代でしたので講座内容は覚えていません。苦笑
2010年からは調査士事務所に勤務しながらほぼ独学で勉強を進めていたのですが、毎年毎年択一が足切りという不甲斐無い結果で合格にほど遠いレベルでした。
日々の業務に追われ実務スキルが向上するにつれて、「資格は欲しいけど今は実務を頑張ろう」とか「実務を通して知識も身につけよう」など試験勉強に対して逃げの思考になっていたのだと思います。

そして2013年、私が2つ目に勤務した事務所(過去記事「私の職歴」を参照)の退職を期に一念発起し、早稲田法科専門学院の【調査士3ヶ月集中合格講座】を受講する事にしました。

講義は毎週月曜・金曜の2日間行われ、その他にも土曜の答練も受講していた為、毎週3日間は高田馬場の校舎に通学しました。

講師は専任講師の松元先生で理論書式ともに教えて頂き、お恥ずかしいながらもこの講義で初めて条文を読む事の大切さを学びました。
これまでは過去問の問題を解き解説を読むことを繰り返しておりましたが、それでは問題の答えを覚えるだけになり、問われ方が少し変わるだけで対応出来なくなることが多々ありました。

根拠を知り、索引することで関連条文も記憶に残る


たった3ヶ月の講座ですが、答練での成績も目に見えて向上し実力がついていくのを実感できました。

そして講座で使用した書籍の中で私がおすすめしたいのがコチラです!20151209222440232.jpeg


不動産登記法・政省令逐条解説改訂版 土地家屋調査士


おすすめする理由は2つあり、

一、不動産登記法を1条から順に記されており、条文ごとに関連した不動産登記令や規則なども記載されている事から関連条文が見やすく、記憶に残りやすい
二、書籍がコンパクトで持ち運びが便利

情報量こそ六法に適いませんが、条文の探しやすさと持ち運びに便利な軽量さは大変重宝しました。

その他にもやはり同シリーズで、持ち運びの利便性から過去問対策にはこちらを使用していました。

過去問セレクト 改訂第3版


2015120923302270b.jpeg

2013年は総合点6点足らず、2014年は択一で足切りという無残な結果でしたが、
敗因の1つとして多くの書籍に手を出しすぎたことであると考え、
2015年は過去問対策はこの1冊に絞り、全ての問題を7回解いて、
ラスト1ヶ月は何度も間違った問題だけ解きました。

結果として2015年は【過去記事参照 択一17/20】とれ、私に合った勉強方法だったと実感できました。

勉強方法は人それぞれ違うと思いますが、今のこの時期に少しずつ使用教材や学校を決めようと考えている方やこれから土地家屋調査士試験に挑戦しようと考えている初学者の方に少しでも参考になれば幸いです。


にほんブログ村 士業ブログ 土地家屋調査士へ
にほんブログ村

土地家屋調査士 口述試験 終了

ただいま、土地家屋調査士口述試験を受けてきました。

私は仙台法務局で午後の部での試験でした。

仙台管轄で午後の部試験者は10名おり、私はくじ引きの結果6番目で、
自分の番まで待合室で待機でした。

待機中は早稲田法科の対策本を読込む時間が充分あったので、
自分的にはいい番号を引けたなと思います。

試験は時間が1人15分で、主に不動産登記法を聞く試験官と、土地家屋調査士法を聞く試験官の
2名体制で行われました。

待ち時間で緊張を解していたつもりでしたが、
いざ、始まると緊張からか声が掠れて、少し恥ずかしかったです。


聞かれた内容は以下のとおりです。(覚えているもののみ汗)
【内容】
①不動産登記法について
一、登記官の職権主義(意義と内容)
二、建物滅失登記(共有者の場合の申請人、理由)
三、合筆登記(申請人、内容)
四、登記識別情報の添付理由
五、覚えていないもの
②土地家屋調査士法について
一、筆界特定制度(申請人、誰が行うか)
二、土地家屋調査士が登録を必要とする理由
三、懲戒処分(3つ全部)
四、覚えていないもの

以上、緊張もあったので全部思い出せませんが、試験内容でした。

試験官の方は2人とも優しく、私の回答が止まってしまっても、助け船を出していただけました。

試験の手応えは助力を頂きながらも、何とか全て回答出来ましたので、おそらく大丈夫かと思います。

あとは12月11日の発表を待つばかりです。

待合室にはADR認定の案内もあり、2月から研修を受けれるそうです。
費用が多少かかりますが、研修に参加する方向で検討しようと思います。

一先ず、本日口述試験を受けられた方、皆さま本当にお疲れ様でした。

にほんブログ村 士業ブログ 土地家屋調査士へ
にほんブログ村
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村
にほんブログ村 士業ブログへ
にほんブログ村

土地家屋調査士試験 成績表

H27年土地家屋調査士試験 成績表
今後、受験する方の参考となればと思い掲載します。

にほんブログ村 士業ブログ 土地家屋調査士へ
にほんブログ村


style="display:inline-block;width:728px;height:90px"
data-ad-client="ca-pub-1267910210097295"
data-ad-slot="6459754167">

来客数
検索フォーム
スポンサードリンク
ランキングに参加中
スポンサードリンク
土地家屋調査士試験対策


実績・人気NO1!    



ランキングに参加しております。
応援のクリックを宜しくお願いいたします。


にほんブログ村 資格ブログ 土地家屋調査士試験へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村
受験生必携参考図書

土地家屋調査士過去問セレクト「午後の部・択一」改訂第3版 [ 土地家屋調査士受験研究会 ]

価格:3,240円
(2015/12/1 17:51時点)
感想(0件)

登記申請書と添付図面 [ 土地家屋調査士受験研究会 ]

価格:3,024円
(2015/12/1 17:53時点)
感想(0件)

土地家屋調査士不動産登記法・政省令逐条解説/土地家屋調査士受験研究会【後払いOK】【2500円以上送料無料】

価格:2,808円
(2015/12/1 17:54時点)
感想(0件)







楽天での検索はコチラ
QRコード
QRコード
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。