QLOOKアクセス解析

筆界の彼方

二世土地家屋調査士(筆記試験合格)、行政書士受験生、宅建士受験生

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 [ --/--/-- --:-- ]  スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

仕事納めまで残り1週間

今年も早いもので仕事納めまで残り1週間となりました。

少しずつ年末の駆け込み登記依頼が完了し、年末年始を安心して迎えることが出来る様に残務を整理しております。

来年は2017年4月予定の増税に合わせた不動産の動向に注目しながら、柔軟な業務対応が出来るように他方の分野にもアンテナを張って対策していく予定ですが、増税の延期を主張する声が強まってきているので、その結果が不動産の流通や土地家屋調士業にどう影響してくるか関心が強まります。

【参考記事】12月21日、安倍晋三首相の周辺では、2017年4月に予定されている消費税率10%への引き上げ延期を主張する声が増えてきた。(2015年 ロイター/Olivia Harris)


また【フラット35】Sの金利引下げ幅0.6%が平成28年1月29日までのお申込受付分に適用とのことなので、該当建物を検討している方がどのくらい契約されるのでしょうか。
控除恩恵が大きいので、数年先に住宅購入を検討されている方であればトータル的に考慮して、契約に踏み切る方もいらっしゃるのではないかと思います。

不動産業界などの動向も大変気になりますが、来年はもう少しプライベートに力を注いでいきたいです。

私事で昨年息子を授かり子育て奮闘中ですが妻に任せっきりな部分が多く、更に今年は土地家屋調査士試験の為、子育てそっちのけで勉強をしておりましたので、今後少しでも妻が自分の時間を持てる様に家庭のことに力を注ぎたいと考えております。

一先ず、ラスト1週間。
平成27年を気持ち良く締くくりたいものです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
 [ 2015/12/22 02:23 ]  日記 日常 | TB(0) | コメント(0)

空き家対策について

あなたの街では空き家が多くなってきたと感じませんか?

私が暮らす街でも空き家が目立ってきているように感じます。
空き家の増加の背景には少子高齢化による人口の減少や家族形態の核家族化などがあると思いますが、中々空き家の増加に歯止めをかけることが難しいようです。

実際に境界確認業務の中でも、隣接土地所有権名義人の方が亡くなり数年経つが相続人が遠方に所帯を持っている為、既存建物を空き家で放置されているという現場がありました。

その時は測量現場の写真や既存図面と実測の差異などを郵送等で情報をやり取りし、境界確認を無事終える事が出来ましたが、空き家問題が土地家屋調査士の業務を難化させることがあることを強く感じました。

平成27月5月26日【空き家対策特別措置法】の完全施行


御存知の方が多いと思いますが、適切な管理が行われていない空き家は「特定空家等」と認定され、所有者に対して今後指導・勧告が行われ、空き家所有者が勧告に従わない場合には政府や自治体が強制的に住宅を解体することが可能となります。
また、その際の解体費用は請求されてしまいます。
empty-house-ireland-2-1209914.jpg
(ネットから拝借)


空き家バンク


空き家についてはニュース等でも話題になっておりますが、行政や各自治体でも様々な動きが見られており、その一つとして空き家バンクを行う自治体が増えているそうです。

空き家バンクは住宅を売却や賃貸したいという所有者に登録をしてもらい、空き家等のデータベースを作成し希望者にマッチング・コーディネートをするサービスです。

私の居住する隣の自治体でもNPO法人を立ち上げ空き家バンクを運営しており、空き家バンク活用補助金を設けることで地域コミュニティの活性化、移住希望者や若年者の住宅取得に一役買っているようです。

参考:つるおかランド・バンク

また、空き家バンクでは宅建業者や司法書士や土地家屋調査士などの専門家の知識を集結し、住宅所有者と利用希望者をマッチングさせる仕組みになっているそうで、これから土地家屋調査士が活躍する場が多くなる事を期待します。

◎空き家の増築による【建物表題部変更登記】
◎建直しによる【建物滅失登記】+【建物表題登記】
◎空き家解体後の土地有効活用の為に【土地分筆登記】
などなど

土地家屋調査士が不動産の現状(表題部)を登記することで街や地域の活性化に役立てる事はとても光栄であります。
私の地元自治体でも空き家バンクを取入れ、更に活気のある元気な街にしていただきたいです。

こういった空き家対策に取り組むことで、不動産管理・取引の安全性を向上させ、更には境界紛争の現象にも繋がっていくと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 士業ブログ 土地家屋調査士へ
にほんブログ村
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村
にほんブログ村 士業ブログへ
にほんブログ村
 [ 2015/12/07 17:47 ]  日記 時事 | TB(0) | コメント(0)

私の職歴

私は土地家屋調査士業務に携わり7年目になります。

昨年より父の補助者登録をするまで、
東京都で2社、神奈川県で1社の土地家屋調査士事務所に勤務しました。

今回は私のこれまで勤めた事務所について少し記したいと思います。

初めての職場は東京都大田区の土地家屋調査士事務所で、先生とマンツーマンでした。
その事務所では土地・建物の依頼のバランスが良く、普通建物、区分建物、境界確定等の業務を経験させていただき、計3年間勤務しました。

その後更に他社での見識を深めたく、 2社で修行を積みました。

次の1社は、世田谷区にある土地家屋調査士事務所としては大きな事務所でした。

仕事の案件がとても多く、毎日社員が終電ギリギリまで業務を行い、
時には事務所に泊まることも…

ここでは主に都内の区分建物と境界確定を担当し、
常に3件〜5件程の担当現場を持っておりました。

過酷な勤務も多かったですが、忍耐力と幅広い対応力を
身に付けたと思っております。

次の1社は、神奈川県にある事務所でやり手社長と優秀な社員が
揃った事務所でした。

こちらでは、主に境界確定を担当しましたが、
地上げによる土地の分筆業務が多く、借地人に気を遣いながら
測量していたことを思い出します。

他にも、建築計画用に42条2項道路によるセットバック図面や
高低測量図面、用途地域別で面積を算出する図面等も経験しました。

また、社長はいつも社員が働きやすい事務所づくりを意識している方で、
最新測量機器の導入、清潔感のある事務所、社長自ら入れる挽きたてコーヒー、
有線で常時ジャズを流すなど、多岐にわたる配慮がみられました。

優秀な社員が多く、毎日良い刺激を受ける中で、
社長の社員と事務所に対する考え方を学ばせて頂きました。


これまでの経験が私の糧となり、今の私がいます。
まだまだ知識や経験が不足している部分も多いと思いますが、
これから地元調査士では最年少ですので、謙虚かつ誠実に業務に向き合っていきたいです。

にほんブログ村 士業ブログ 土地家屋調査士へ
にほんブログ村
 [ 2015/11/28 02:42 ]  日記 日常 | TB(0) | コメント(0)
来客数
検索フォーム
スポンサードリンク
ランキングに参加中
スポンサードリンク
土地家屋調査士試験対策


実績・人気NO1!    



ランキングに参加しております。
応援のクリックを宜しくお願いいたします。


にほんブログ村 資格ブログ 土地家屋調査士試験へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村
受験生必携参考図書

土地家屋調査士過去問セレクト「午後の部・択一」改訂第3版 [ 土地家屋調査士受験研究会 ]

価格:3,240円
(2015/12/1 17:51時点)
感想(0件)

登記申請書と添付図面 [ 土地家屋調査士受験研究会 ]

価格:3,024円
(2015/12/1 17:53時点)
感想(0件)

土地家屋調査士不動産登記法・政省令逐条解説/土地家屋調査士受験研究会【後払いOK】【2500円以上送料無料】

価格:2,808円
(2015/12/1 17:54時点)
感想(0件)







楽天での検索はコチラ
QRコード
QRコード
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。